シズカゲルは肝斑(かんぱん)にも使えるの?目的によります。

30代~40代に多いシミに肝斑(かんぱん)というものがありますが、シズカゲルに効果が期待できるのでしょうか?

気になっている方もいらっしゃるようでしたので、少しまとめてみようと思います。

 

 

肝斑の予防はできても、治すのことはできないかと・・・

肝斑は、

  • 30~40代の女性に多い
  • 妊娠や出産を機にできる
  • 紫外線対策をしても良くならない

このような特徴があります。

その為、ホルモンが関係しているのでは?というのが、現在の見解です。

そして治療には、

  • トラネキサム酸配合の内服薬(メラニン生成抑制)
  • ハイドロキノン配合の外用薬(沈着したシミの脱色)

この辺りが一般的。

なので、化粧品で肝斑を治すということはできないと言ってよいでしょう。

ただ、メラニン色素の生成を抑制するという観点からいえば、シズカゲルにも介入の余地がないわけではありません。

 

 

肝斑の予防にシズカゲルを使うのはあり

肝斑の治療は、メラニン色素の生成を抑制すること。

つまり、この作用は美白化粧品であるシズカゲルにも期待できるんです。

ただ医薬品程強力な成分は配合されていないので、あくまで予防や悪化を防ぐことが主な目的となります

 

 

こんな視点もあります

肝斑ができやすい年齢は、シミが気になりだす年齢でもあります。

「肝斑は治ったが、その下に普通のシミが隠れていた!」そんな話も珍しくはないんです。

 

そういうことなら、肝斑の治療中に美白ケアを同時進行で行っていくことは、マイナスにはなりません。

化粧品であるシズカゲルでは、さすがに肝斑を治しきることはできませんが、

  • 悪化を防ぐ
  • 予防する
  • 既にある、普通のシミをケアする

そんな効果には期待できます。

※肝斑の主な原因はホルモンバランスの乱れですが、紫外線も発症の一因として考えられています。であれば、シズカゲルの美白ケアが活きてくるというわけです。

 

 

シズカゲルの美白作用について

紫外線を浴びると、私達の体には活性酸素が発生します。

そしてそれが原因でメラニン色素が作られ、シミとなってしまいます。

シズカゲルには、フラバンジェノールという美白成分が配合されているのですが、この成分は活性酸素に抗する作用が非常に強力なんです。

(活性酸素に抗する作用:抗酸化作用)

 

どのくらい強力かと言うと、「コエンザイムQ10の250倍」と言われています。

 

イメージがわきにくいかもしれませんが、コエンザイムQ10も一時期話題になりましたよね。

それをはるかに凌駕する強さと言うと、なんとなくすごそうな気がしませんか。

この成分は、年中紫外線が降り注ぐ地域で育った松が原料なため、それだけ強力ということなのでしょう。

 

 


美白成分と言えば、

  • ビタミンC
  • アルブチン

といった成分が有名ですが、フラバンジェノールは最近注目を集めている話題の成分です。

最新の成分が配合されているということも、なんだか魅力的に感じてしまいますね。

 

しつこいようですが、肝斑の治療はできませんが、予防目的でシズカゲルを使うのはアリかと思います。

 

 

シズカゲルの評判や成分の詳細はこちら